デリケートな肌を守る|厄介なインフルエンザは予防すれば大丈夫|正しい知識で行なおう
女の人

厄介なインフルエンザは予防すれば大丈夫|正しい知識で行なおう

デリケートな肌を守る

手

頼りになる塗り薬

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートで、おむつかぶれやあせもや湿疹などかゆみを伴う皮膚疾患がよく起こります。その場合、小児科や皮膚科で処方される塗薬はワセリンがほとんどではないでしょうか。毎日塗るものですので、すぐ減ってしまうので市販のワセリンを一つ常備しておくと便利です。薬局で販売している白色ワセリンが一般的で、化粧用として売られているものもありますが皮膚の弱い人には向きませんので、不純物を取り除いている白色ワセリンか赤ちゃん用になめらかで塗りやすいベビーワセリンがおすすめです。中身は白色ワセリンもベビーワセリンも同じですので安心して使うことができます。もちろんベビーワセリンだからと言って赤ちゃんしか使えないわけではなく、赤ちゃんでも使えるワセリンですので大人もつかえますので何かと重宝します。

いろいろ使える万能薬

ベビーワセリンの使い方は簡単で少量を手に取り、乾燥や痒い箇所に薄く塗るだけです。赤ちゃんが間違って口にしても害はありませんので安心して全身に使えます。また多く塗っても効果は変わりませんし、塗り過ぎると逆にベタベタ、テカテカするので注意してください。ワセリンは皮膚を保護する役目はありますが保湿効果はありませんのでハンドクリーム代わりに塗るのであれば食器洗いなどの水仕事前に手に塗っておくと水を弾き直接水分が付かないように守ってくれるわけです。このように赤ちゃんにもベビーワセリンをおむつ交換の度にかぶれ箇所に塗ってあげるとデリケートなお肌を守ってくれます。ベビーワセリンは柔らかめにしてあるので寒い冬でもチューブから出やすく使いやすいので人気があります。いろいろなメーカーから販売されていますから探してみるのも楽しいでしょう。